Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
twitter follow
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
にほんブログ村ランキング
ランキングに参加しています。ぜひ1票をポチッと!
にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村
クリックで救える命がある。あなたのクリックで企業が募金
現在の閲覧人数
Recommend
I Dreamed a Dream
I Dreamed a Dream (JUGEMレビュー »)
Susan Boyle
歌詞はいらないという人は、輸入版がお奨め。1000円以上安いです。
Recommend
人に話したくなる百人一首
人に話したくなる百人一首 (JUGEMレビュー »)
あんの 秀子
家内の高校同級生が上梓した本。国語の先生らしく、ためになり、かつ面白い。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
1年が過ぎて
皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。
未曾有の東日本大震災から、もう1年が過ぎてしまいました。あっという間だった気がします。2011年3月11日午後2:46に、M9の激しい揺れが日本を襲った後、世界中から支援の手が差し伸べられ、多くの励ましや、祈りや、救援物資や、人力によるサポートや、多額の寄付や…、数え切れないほどの善意に満ちた大きな力が、日本に、日本人に捧げられてきました。

1周年」とか、「1 year anniversary of March 11 Japan earthquake」とか書くと、まるで悲しい出来事ではなかったかのように響きます。しかしこれは、もう一度あの日に立ち返る日でした。イズミ歯科では通常の診療時間中でしたが、本当に多くの人たちが、街中で、被災地で、学校で、職場で、黙祷を捧げましたね。海外の方たちも、日系人に関わらず、多くの人がこのとき祈りを捧げていました。

決して記念日ではない。でも一生忘れてはならない日。語り継がねばならない日。
私たちの年代では「9月1日」が「関東大震災」の日として語られ、経験が無いため、まったくの「聞いた話」でしかありませんでした。まさか、自分がそれ以上の震災の経験者になろうとは、夢にも思いませんでした。復興にはまだまだ時間がかかります。福島の問題はそれ以上です。

昭和20年の3月10日。この大震災の前日の日が何の日か、すっかりわからずにいましたが、先日知人から、「東京大空襲で約8万人の人々が亡くなった日(行方不明もその他に数万人)だ」と聞きました。しかし語り継ぐ人はもうわずかでしかありません。風化させてはいけないことがたくさんあります。亡くなった方たちの命を無駄にしないためにも、これらの事から多くのことを学び、そして語りついでいかなければ、と気持ちを新たにした1日でした。
posted by: izumishika | 社会 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) |-
「政治家」ではなく「政治屋」
JUGEMテーマ:日記・一般
 
こんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。
毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?節電と猛暑でバテバテですね。
さらに暑く(熱く)させてくれたのが、先日の松本龍なる政治家の一件。



怒りが大爆発しましたね。こういう尊大で傲慢な人、大きな勘違いをしてる人を見ると、ゾッとしますね。結果的にはたったの9日間ですか?それでも歴史には「大臣」として名前が残るんでしょう。年金も増額されるのか…?とんでもない人種がいたものだと、本当に驚きました。

まず、「長幼の序」と言っていますが、そもそも大臣が「長」知事が「幼」という感覚がおかしい。中央政府と地方自治体は主従関係にありません。そこからして間違っている。たとえ知事が自分より若輩者だったとしても、相手は地方自治体のトップ。そこに対等の立場として、相手を敬う態度が取れないというのは、本当に恥ずかしいことです。

それに「お客さん」のつもりで被災地に行ったのかということにも驚きました。共に復興に向けて頑張る同士じゃないのでしょうか。お見舞いの一つ、労(ねぎら)いの言葉ひとつ無く、耳を疑うばかりです。

例えば歯科医師会などでも、新人の若い先生が入会してきます。でも「○○君」などという態度を取る人はいませんね。何歳だろうと、開業年数が違おうと、もちろん年長者やキャリアの長い人を敬いますが、まずは「歯科医師」として同じ土俵に上がっているわけですから、これはもう対等なわけです。でももちろん言葉遣いがタメぐちでは困りますが。(中にはこの辺がわかってない人もいますが)
年齢によってもちろん敬語も使うし気も遣う。でも若い人たちもそれなりに尊敬されつつ、ベテランと交流していくわけです。

この人の態度は最低中の最低。相手の立場もコッパ微塵にしてしまって、メンツ丸つぶれにしてしまっています。マスコミや部下の面前で、こうも命令口調で言い放ってしまっては、ヘラヘラ笑ってごまかすしかないでしょう。(ちょっとこれも情けないけど)思い上がりも甚だしい。

自民党だったらこういう人たちがたくさんいたでしょうが、民主党も同じ。きっとみんな同じなんでしょう。昔の政治家もろくなモンじゃないと思っていましたが、今ほどひどくは無かったと思える今日このごろです。もう少し国のことを思っていたような気がします。

この国の一大事に、与党も野党もないはず。国民は全員そう思っているのに、そう思っていないのは政治家たちだけという事実。ようするに「政治屋」なんですよ、今の人たちは。単なる職業。しかも世襲が多い。自分が大事。地元の票が大事。人のためになんて誰一人働きません。自分が大事なんです。小者なんです。

こういう人たちにはカーネギーの「人生論」を学んでいただきたい。以下はその本の見出しです。


本「カーネギー人生論」  著者  デール・カーネギー

内容

人を動かす原則は、
  1 相手の立場になる
  2 相手に重要感を持たせる
  3 誠実な関心を持つ

人を説得する方法は
  1 誤りを指摘しない
  2 おだやかに話す
  3 イエスと答える問題を選ぶ
  4 思いつかせる
  5 美しい心情に呼びかける

人を変える方法は
  1 遠まわしに注意する
  2 自分の失敗を話す
  3 命令しない
  4 相手の面子を立てる

どんな時も自分らしく振舞う。猿真似は通用しない。

他人の真似はしない。自分で輝く。
太陽が無理なら星になれ。

仕事
  1 今の仕事に関係ない事は机からどかせる
  2 問題はすぐその場で解決する
  3 組織化して誰でもできるようにしてまかせる

退屈な仕事でも楽しく行う、と決める。
人の悪口は言わずに長所を誉める。

----------------------------

いかがでしょうか。誰にとっても大事なことだなぁと思いますね。「政治屋」さんたちはどうやったら儲かるか(裏金が入るか)などに執心せずに、こういうことを考えて、せっせと公僕として、収入源である税金を収めてくれる国民のために働いて欲しいものです。
posted by: izumishika | 社会 | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
NZの大地震に思うこと
JUGEMテーマ:ニュース

皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

もうすぐ2月も終わりですが、22日の現地時間午後0時51分(日本時間午前8時51分)に、ニュージーランドでM6.3の大地震が起きました。ショックなことでした。日本と同じ島国で、温泉&地震大国のNZで、阪神淡路大地震以上の揺れの大災害が起きてしまったのです。

NZ地震

今回は震源が浅く、街の直下だったため、被害が甚大なものとなってしまいました。東京だったらどうなっていたでしょう。これ他人事ではないのです。あの美しい聖堂も崩れ去ってしまいました。そして日本から多くの若者が短期留学で訪れ、まさにあのクラッシュしたビルの中に取り残されてしまっています。一人でも多くの人が助かるように、私たちは祈るしかありません。

NZ地震

日本の各企業素早く義援金を送っていますが、大事なのは人的援助。ことに日本はこの分野ではエキスパートぞろいです。



一人でも多くの人を、日本人に限らず、誰でもいいから、救い出して欲しいですね。

NZ地震
 
posted by: izumishika | 社会 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
水戸黄門
皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院の院長、諸泉宏明です。

今再放送で水戸黄門をやっているようですが、ご隠居様もどんどん変わりましたね。
今放送しているのは、昔助さんだった里見浩太郎のようですね。声が若いのであまりピントきません。

水戸黄門に限らず、大岡越前や遠山の金さん、桃太郎侍など、人気時代劇はいろいろありますね。なぜずっと人気なのか…。ワンパターンで話の先を安心して見られるから。これは重要な要素だそうです。そのワンパターンのストーリー展開の中でも、いつも決まったテーマがあります。それは…

勧善懲悪!     

そうです。必ず悪代官みたいな強欲な役人と、袖の下に小判をねじ込む『桔梗屋』とか『越後屋』といったワルの商人が出てきて、汚職を働いているわけです。今はそれを屋根裏で聞いている「風車の弥七」は出てきませんが(笑)、延々と続いているこの「賄賂でつながる政治家や役人と商人」の構図。これをやっつけるから見ている人の胸がスーッとするわけですよね。

政治家ってなんでそこのところがわからないんだろうか。
世の中の人は皆「小判」もらって「仕事に便宜を図っている」って知ってるんですよ。何十年同じテーマで『世直し』を続けてきたんだろう。昔の賄賂のやり取りが実際はどうだったか、そんなことはわかりません。でも今の脚本家がこのテーマを延々と書き続けて高視聴率をマークしてるって事は、みんな知ってて我慢してるからです。どうにもできない、誰が当選しても同じことになってちっとも変わらない世の中を、ズバッとやってくれるから気分がいい。理想的な正義の味方に、皆わくわくするんですよね。

鳩山さんも、小沢さんも、民主党も、自民党とちっとも変わらない。
誰か「正義の味方」が政治をやってくれないでしょうかねぇ。そうしたら水戸黄門も最終回を迎えるかもしれません。ちょっと難しそうですが…。
(イラストはAtnet Japan!より)

JUGEMテーマ:日記・一般
 
posted by: izumishika | 社会 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
お久しぶりです。
皆さんこんにちは。伊勢崎市のイズミ歯科医院院長、諸泉宏明です。

随分と間があいてしまいました。反省しております。
2ヶ月も間が開くと、その間にいろんなことが起こりますね。
のりピーこと酒井法子が夫と共に覚醒剤で逮捕され、(押尾学とかいうのはよく
知りませんが)そして、なんといっても8月30日の衆院選で、ついに政権交代が行われ
たこと。これが一番のニュースでしょう。

今回は茨城県の医師会や郵政関係の人たちが、自民党から民主党推薦へと変わったり、
大きな意識の変革が国全体の中で起こりました。当選速報で次々と自民党大物議員が
落選する中、白髪も生えていないような若々しい民主党議員たちが当選していきました。
これでなにかずっと停滞してよどんでいた空気が一新され、爽やかな風が流れるかも
しれないと、国民みんなが思ったことでしょう。選挙するとき、自分の業界の利益や
自分自身の利益ばかりに目が向いている人は、結局は誤った判断をしてしまうと
思います。もっと全体を見渡して、みんなの利益を考えた時、結果的には自分にも
その恩恵が回ってくるものだと思います。

去年植えたコスモスとミニトマトの場所から、また今年も勝手に芽が出ました。
でも同じ場所に生える2代目の芽は、ひょろひょろと伸びてはいきましたが、去年ほど
は大きくならず、力強くも無く、花も小さく、よく育ちません。政治に似ているのかも
しれません。他の場所に植え替えてやるとか、新たに肥料を与えたりすればもっと
育つのかもしれませんが。(これすなわち、自分で開拓した所で、しっかり勉強し、
知識や知恵を蓄えるということに通じます)

なにか変わっていくでしょうか。私は歯科医師ですが、自分の利益を思わず、患者さん
一人ひとりの利益を思い、仕事をしてきましたし、またこれからもそうしていきたい
と思います。その姿勢が結果的には自分たちにもめぐりめぐってくるものだと思っています。
posted by: izumishika | 社会 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
定額給付金
皆さんこんにちは。伊勢崎市のイズミ歯科医院院長、諸泉宏明です。

とうとう我が家にも例の『定額給付金』の申請書が届きました。
この事務経費自体が膨大な金額らしいので、こんな面倒なことをしないでその分
を減税してくれれば一番いいのに、と思うのですが。でもそうすると問題点が
2点発生します。

まずは「ありがたみがない」こと。人間やっぱり現金には弱い。(苦笑)
たとえそれが自分の払った過剰な税金を取り戻したものであっても。今まで
さんざん官僚や政治家の飲み食いや贅沢のために使われた、無駄な税金を取り戻し
たに過ぎなくても、でも目の前に現金をちらつかせるという手法には、人間は
弱いものです。「ありがたい」と思っちゃうんですから。現代のお父さんたちが
給料の入った茶封筒から、ぺラッとした給料明細一枚になったことにより、夫婦
の力関係が逆転したことに関連がありそうです。

そして今回の給付は納税していない人、税金を滞納している人にも配られる点。
それを差し押さえた市町村がやり玉に上がっていましたが、私は悪いと思いません。
仕方ないと思いますねぇ。それこそ不公平というものです。税金は払うべきもの
ですから。でもこういう人たちにもよく思われたいわけで…「減税」となるとそう
もいかない。自民党も票を集めるのに必死です。

小沢さんが辞めなかったおかげで、また自民有利に戻ってしまいました。
全国の歯科医師会は自民党を推しているので細かいコメントは差し控えますが、
とにかくせっかく納めた税金を1円たりとも無駄にして欲しくないのです。
そういう当たり前の感覚の人たちに政治をしてもらいたいと思います。
ところでとりあえずは、この給付金どうしようかな…(笑)
posted by: izumishika | 社会 | 13:25 | comments(2) | trackbacks(0) |-
Obama新大統領誕生
皆さんこんにちは。伊勢崎市のイズミ歯科医院院長、諸泉宏明です。

現地時間2009年1月20日、アメリカ合衆国第44代大統領に、バラク・オバマ氏が
就任しました。会場を埋め尽くした200万人にも及ぶ人たちの興奮が、ニュース映像
でもひしひしと伝わってきましたね。ブッシュがぶち壊した世界平和と世界経済を、
この47歳の若き大統領がきっと立て直してくれる、そんな皆の願いが爆発していました。

実際はとても厳しい現実があります。でもこの人は差別を知っています。努力を
知っています。(親の七光りもありません)謙虚さを知っています。そしてブッシュ
と違い、知性があります。

世界中が期待している彼の就任演説の中に、チラッと聞こえたのが、
「人は皆平等で自由である」「人々は皆最大限の幸福を追求する権利を持っている」
といった言葉。これらの言葉をかみしめると、1776年7月4日の『アメリカ独立宣言』
が浮かび上がってきます。

トーマス・ジェファーソンが起草したこの宣言の序文に、これらの言葉が出てきます。
原点に戻ったということでしょうか。初心に帰れということでしょうか。

"the Pursuit of Happyness" (happinessをわざとhappynessとしている)
邦題は『幸せのちから』(直訳すると「幸福の追求」)というウィル・スミスと
彼の実際の息子が主演する映画の題名は、このジェファーソンの言葉からきていますが、
財布には5$しかないような貧困にあえいでいた主人公(黒人。クリス・ガードナー)
が、株の仲買人としてアメリカンドリームを実現するという、実在の人物を描いた
話です。人種も学歴も関係なく、努力すれば誰にでもチャンスがあるアメリカ。
それを力強く描いた映画ですが、こんなアメリカに戻れるのかは、若き初の
アフリカン・アメリカンの大統領の双肩にかかっています。
posted by: izumishika | 社会 | 10:11 | comments(2) | trackbacks(0) |-
歴史的な一日
こんにちは。イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

アメリカに初の黒人大統領誕生!

大方の予想通り、オバマ大統領が誕生しました。アメリカには未だにはっきりした
人種差別が残っていますので、最後の最後でどうなるか…という心配もありましたが、
やりましたねぇ。マケイン氏が勝っていたら史上最高齢の大統領になっていたそうですが、
この混迷の続く世界に、人々は若い力を求めました。何かを変えてくれるかもしれない
という期待と共に。

株式市場もご祝儀じゃありませんが、やはり期待感が表れましたね。
小浜市市民も小躍りしているようだし(笑)
今日はこの選挙のことを書いている人が、世界中に数え切れないほどいるのでしょうが、
とりあえず覚え書き。プロンプターを左右に置いて、実に力強い演説を繰り広げた
オバマ氏が、今後経験不足をどのように補って頑張るか…麻生さんよりはやって
くれそうですがね。
posted by: izumishika | 社会 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
無駄使い
みなさんこんにちは。イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

ここのところの世界経済は大荒れになっていますね。以前『世界大恐慌』と
書きましたが、日経平均もついに8000円を割り込み、円高も歯止めがかからず、
ついに一つのボーダーラインと言われていた95円を、あっさり割り込んで、一時は
90円台にまで行ってしまいました。(NY市場の終値は94円台)

そんな中、23日(木)の読売新聞に載っていた記事。
伊勢崎市の観覧車建設契約解消にかかる解決金が9670万円!!これを伊勢崎市が
大阪市の業者に対してペナルティとして支払うということで、話が進んでいる
とのこと。もちろん市民の血税を投入するのですが、これには市民から反対の
声が上がっています。当然です!勝手に契約して無用な契約を結んだ人たちが
自分のお金を出すべきでしょう。税金を払っている人間なら、誰だってそう思い
ますね。市に対して損失を出した人が責任を取るべきでしょう。

世の中が不景気と物価高(おまけに食品安全の危機)に直面して、みんなが
知恵を絞って節約しているときに、9670万円もの大金をドブに捨てるなど
もってのほかです。この事実を知らない(知らされない)市民がほとんどだと
思うので、なにか大きな運動が起きるといいのですが…
「もったいない」ではすまされません。出るのはため息ばかりです…
posted by: izumishika | 社会 | 13:47 | comments(2) | trackbacks(0) |-
世界大恐慌
こんにちは。イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

世界中が今大変なことになっていますね。日本もその渦の中に飲み込まれ、昨日の株の大暴落は背筋がゾッとするほどでした。バブルの頃は日経平均が3万円に迫る勢いだったというのに、昨日の終値は8276円!!アメリカも景気がいい頃はやはりダウ平均が3万ドルだー!と鼻息も荒かったのが、8000ドル台に…

これから日本に限らず世界中で、サブプライム、リーマンショックのあおりで、倒産する企業がたくさん出てくるでしょう。PC上の操作で巨万の富を得てきた人たちが、一気に路頭にあふれてくるのでしょうか…やはり日本に限らず、人は額に汗してお金を得るのが本来の姿。

私たち歯医者の仕事は知識と技術が必要です。頭がいいばかりでもだめですので、手先の器用さ、技術も研鑽しなければなりません。だいたい毎月日曜は勉強会などに出かけますが、常に精進し続けて最新の知識とともに、匠の技術も磨いていけたらな…と思います。

早くこの世界の混乱が終息しますように。日本は食物の自給率を上げるべく、マネーゲームよりも農業にもっと力を入れましょうよ!もっと自然と一緒に人間らしく暮らしましょう!
posted by: izumishika | 社会 | 21:54 | comments(2) | trackbacks(0) |-