Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
twitter follow
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
にほんブログ村ランキング
ランキングに参加しています。ぜひ1票をポチッと!
にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村
クリックで救える命がある。あなたのクリックで企業が募金
現在の閲覧人数
Recommend
I Dreamed a Dream
I Dreamed a Dream (JUGEMレビュー »)
Susan Boyle
歌詞はいらないという人は、輸入版がお奨め。1000円以上安いです。
Recommend
人に話したくなる百人一首
人に話したくなる百人一首 (JUGEMレビュー »)
あんの 秀子
家内の高校同級生が上梓した本。国語の先生らしく、ためになり、かつ面白い。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
イズミ歯科での滅菌体制

JUGEMテーマ:健康

 

皆さんこんにちは。イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

歯医者さんの歯を削るあの小さなやすりのようなもの。あるいはそれを高速回転で回す機械。そういったものもイズミ歯科では滅菌しています。一時新聞で話題になったりしましたが、薬を使った滅菌、そして高温高圧滅菌(菌は煮沸したくらいでは死にません)と、様々な方法で、滅菌をしているのでご安心頂けます。

大きなサイズの「オートクレーブ」という滅菌器では、通常使う様々な器具やトレーなど、そして滅菌頻度の多いバーや、歯の根っこの治療に使うリーマーと呼ばれるものなどは、小さな滅菌器「プチクレーブ」というもので、1日何回転も使って滅菌します。形もまるでポットのようで可愛いでしょう?プチって感じが可愛いですね。
ありゃりゃ、ピンぼけでした(笑)。
posted by: izumishika | 医療 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
GW中の診療について
JUGEMテーマ:健康

皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。
早いもので(いや、恐ろしいことに)、間もなく今年も3分の1が終わってしまいます。恐ろしいことです。何ができたでしょうか。残りの日々、しっかり目標を立てて頑張りたいものです。

さて、世の中では4月28日(土)から5月6日(日)までをゴールデンウィークと言うんでしょうか。イズミ歯科はカレンダー通りの診療となります。4月28日(土)および、5月の1、2日は通常診療日です。

 日曜日と祝日は休診です。伊勢崎市の伊勢崎・佐波歯科医師会では、休日当番医制度があり、歯科医師会館で休日診療を行いますが、10時〜午後3時(受付2時30分)で終了。昼休みは1時間休診。応急処置のみ。休日診療加算されるので、通常診療より割高になります。


伊勢崎市社会福祉会館3F
伊勢崎佐波歯科医師会休日歯科診療所
(伊勢崎市上泉町151 伊勢崎興陽高校の南)
電話:0270−23−2772


まずは毎日のお手入れです。痛くなる前に歯医者さんへ!
posted by: izumishika | 医療 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
家内の入院
JUGEMテーマ:健康
 
こんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。
大変な被害をもたらした今年の台風12号15号。東日本大震災の被災地をも、容赦なく襲い、被害を残して過ぎ去りました。

いつも思うのですが、台風でも地震でも、それが過ぎ去った後は、まったく何事もなかったかのように、空も海も平穏な顔をしていますね。それが不思議でもあり、人間の無力さを思い知る瞬間でもあり…。スケールが違いますから、太刀打ちできません。受け入れるしかありませんね。しかし、それにしても、今年はそういうことが多すぎます。自然災害にこれ以上見舞われないことを祈ります。

さて、それに乗っかるように(?)我が家の災難も発生しました。それは9月14日、娘の体育大会の日に降ってわいた災難でした。明け方にもならない深夜2時過ぎ。家内がう〜う〜言いながら、寝ていた私を起こしたのです。左わき腹が猛烈に痛い、とのことでした。

医者に連れて行ってくれというので、どうせ当直医がちゃちゃっとするだけだから、痛み止めでも飲んで、朝まで待っていれば?と言いましたが、無理な様子。着替えて2人で前橋の日赤病院へ駆け込むと、その日は耳鼻科医がいるだけだと言われました。当直医が耳鼻科医って、ちょっとどうなんだろうかと思いつつ、しかたありません。手続きをしている間にも、家内はウンウンとうなっています。

検尿をとると血尿が出たらしい。両側の腎臓に結石があることは、ここ3年ほどの人間ドックで知っていましたので、たぶんそれだろうという話になりました。しかし血液検査と検尿だけで、エコー無し、レントゲン無し、触診無しの無い無いづくし。果たして聴診器とかは持っていたのか…?それも無し。エコーくらいは撮っても良かったのでは?と今になって思います。(エコーはエコーの技師が撮るでしょうから)

そしてこの救急病院は満床のようで、善衆会病院に紹介状を書くとドクター。でもここまで痛くてうなっていては、この後私が仕事に行った後、1人で診察を受けに行くことは無理でしょう。ここで診てもらわなくては! そこでいろいろ言いましたが、病院の方針なので、との返事でした。しかしどれだけ鎮痛剤をやってもまったく効かず、あまりの痛さで何度も吐いたりしている家内。

この日は体育祭で給食が出ない娘には、どうしても弁当が必要です。次男は学校で昼飯を買えますが、娘はそれもできないので、コンビニでパンを買って帰る事にしました。子供たちには事情を話し、娘にパンを持っていくように言うと、そんなパンはイヤだ、と言って、自分でおにぎりを2個作って持って行きました。次男は学校で買うことに。そして私は仕事へ。全員が7時半までには家からいなくなります。さて、家内はどうなんったんでしょう…。

結局あまりの痛さでうなり続けた家内を見かねて、日赤の泌尿器科の外来で診ましょう、ということになったのが、外来の始まる9時より少し前。それまで7時間、家内は痛みに苦しみながらうなり続けていたそうです。そして外来でCTとレントゲンを撮り、「尿路結石症」と病名が決まり、そのまま入院の手続きへ。痛みをコントロールしながら、尿路を薬で広げて、石が出るのを促すというだけですが、家でうなっているよりは心強いことでしょう。午後3時くらいに入院となりました。病棟は他の診療科の病棟に入れてもらうことに。

結局その日は夜まで痛みが断続的に襲い、しかし夜中は良く眠れて、次の日は1日痛みが消え、その夜にまた少し痛み…。入院は2泊ですみました。しかし退院する前夜、また痛みが襲ってきて、無ースコールを押して痛み止め。しばらくう〜う〜小声でうめいてからまた寝たそうです。

痛いというのは辛い。私は過去に痛風発作を経験。これはほんとに痛いですね。風が吹いても痛いというのはうまい表現です。そして「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」という、細菌が蜂の巣を広げるように広がり、、ある一箇所から猛烈に広がる炎症を起こす病気になったときは、息も絶え絶えで高熱と激痛でへとへとになり、結局足首からモモまで腫れあがって、11日間も入院する羽目になりました。痛いときはなかなか鎮痛剤も効きませんから、ほんとに大変です。

虫歯や歯周病で、特に親知らずが痛い!と飛び込みでいらっしゃる患者さんにも申し上げることですが、猛烈に痛いときは痛み止めも効きませんので、すぐその場で歯を抜くなどの治療はできません。まずは薬で炎症を押さえ込み、安静にしていただき、炎症が治まってからの治療になります。行ったらすぐに痛みを取ってもらえる、と思い込んでいらっしゃる患者さんが多いのですが、そこまでこじらせてしまうと、すぐに痛みを取ることは不可能です。例えば怪我をして外科に行っても、その場でぴたりと傷が治って痛みが取れることがないのと同じです。

痛くなる前に歯医者さんへお越しくださいね。予防が一番痛くなくて、時間もかからず安上がりです。定期的な予防とメンテナンスをしましょう!あれ…話がやっぱり歯のことになってしまいました(笑)。痛さからサヨナラしましょう!!是非私たちにお手伝いをさせてください。ご来院お待ちしています。

…で、結局家内は家にいますが、痛みはなくなり、石はまだ腎臓の中のようす。また止まってしまったみたいですが、どうなるんでしょう…??

スタッフがくれたお見舞いのお花 バラ

カトレア グロリオサ

カーネーション ??? 

グラジオラス バラ

カラーリーフ モンステラ

??? グロリオサ

スタッフのみなさんから。お見舞いのお花をありがとう。
 
家内はこういうアレンジが大好き。この中では特にこのグロリオサとかいう花(一番右下)が大好きらしいです。カラーリーフも好きだし。痛み無く石が全部出ますように。

皆さんもどうぞご注意下さい。
posted by: izumishika | 医療 | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
久しぶりの投稿です。
JUGEMテーマ:健康

こんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

GWいかがお過ごしだったでしょうか。我が家では4月に長男が大学の寮に入り、5人から4人家族になりました。次男と娘はあまり外出好きではなく、さらに言えば、娘はGWの間も部活があり、旅行になかなか行けない状態です。

今までは私がいつも1人で旅行に行き、家内は子どもと留守番というパターンが多かったのですが、今回GWの前半をくれと言うので、4月29日〜5月1日は家内が旅行。5月2日〜5日は私が旅行ということになりました。それぞれ旅を満喫。行った先で友だちと合流したり、充実した休みを過ごしました。子供らはといえば、部活と家でゴロゴロ。もったいない!

さて、今日からまたイズミ歯科は、長いお休みを頂いてリフレッシュしたドクター&スタッフで、ばりばり働きます(笑)。長いお休みをちょうだいし、ありがとうございました。まず今日は、こんなお話から。
2010年の8月に朝日新聞夕刊に載った記事の内容です。

 

いかがですか?このビデオを作った人(登場人物と同じ)は、東北大学医学部卒、国立がんセンター研究所、ハーバード大学公衆衛生大学院、東北大学大学院教授などの略歴を持つ、坪野吉孝さんとうドクターですが、大変わかりやすくまとめています。

今回の分析では、心血管疾患のリスクの上昇は、喫煙が2.4倍高血圧が1.7倍糖尿病が1.9倍だったので、歯磨きをしない人が1.7倍というのは、大変危険な要因として、生活習慣病と方を並べることになったのです。

歯を磨くということが、いかに健康に重要であるかということに、ハッと気付かされる話ですね。自分の歯で食べられる幸せ。そのほかにも、このように全身疾患にも関わってくるお口の中の衛生。口の中が健康であることが、全身の健康に直結しています。

歯磨き、頑張りましょう!そして自分でできない磨き残しには、イズミ歯科での予防的クリーニングが重要です。お1人に対し30分ほどお時間がかかりますので、予約制です。突然いらしても、クリーニングはできません。虫歯や歯周病などがある場合は、その治療を終えてからになります。

まずは一度お電話くださいね。お待ちしております。
posted by: izumishika | 医療 | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
70才以上75才未満の方
JUGEMテーマ:健康
 
みなさん、こんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。
16〜17日はスタッフ研修のため、連休をいただき、ありがとうございました。また本日より通常診療となります。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、すでにご存知の方も多いと思いますが、国民健康保険にご加入の方で、70才以上75才未満の方。その中でも一部負担金が1割の方は、この4月から2割になる予定でした。しかし来年3月まで1割のまま据え置き になりました。すでに2割負担の高齢受給者証が配布された方は、負担金割合を1割に改めた受給者証が、3月下旬に新たに郵送されるそうなので、ご注意下さい。社会保険などの方は、各種保険者にお問い合わせ下さい。

今日は朝雨でしたが、いいお天気になりました。
今日も1日頑張りましょう!!

posted by: izumishika | 医療 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) |-
学校の保健室から
JUGEMテーマ:学問・学校
JUGEMテーマ:健康
 
皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。
毎日暑いですね。夕方はものすごい夕立が来たり、夏ですからしょうがないのですが。
冷房にあたりすぎて風邪をひかないように気をつけてください。鼻水が出て微熱がでるような風邪が、我が家ではひそかに流行りつつあり、予防策を講じているところです。

さて、ある前橋市内の中学校の「保険だより」によりますと、健康診断の後の受診状況では、歯科はダントツで受診率が低いのが現状です。6月30日現在の状況では耳鼻科が55.4%、眼科が41.1%、そして歯科はなんと17.3%です。そして耳鼻科と眼科は1年生から3年生の順に、だんだんと受診率が下がっていきます。耳鼻科など、1年生が61.8%受診しているのに、3年生では34.8%とずいぶん開きがあります。同様に眼科でも1年生が51.1%なのに対し、3年生では25%にすぎません。

それが!歯科ではそうじゃないのです。全ての学年で受診率が悪い。1年生16.7%、2年生15%、3年生18.3%と全学年2割に満たない受診率です。これはどういうことなのでしょう。 
耳鼻科だと耳の聞こえが悪ければ、成績に影響しますし、鼻でも耳でもひどくなると日常生活に不安も出てくるでしょう。また、眼科の場合はおもに視力だと思いますが、こちらもやはり目が悪ければ、早めにめがねを作らないと、成績に影響しますね。そんな理由からなのか、受診しなくちゃ、という気持ちが歯科より強くでるのでしょうか。

虫歯や歯肉炎、歯並びの矯正などは、確かに学校の成績に影響しないかもしれません。
「歯医者=痛い」という方程式は間違いですよ。「虫歯を放置しておく=痛くなる」が正しい。口の中の病気は、放っておいて良くなることはありません。必ず悪化します。治療が遅くなるほど、痛みを伴う治療の危険性が増えます。痛くなる前に治せば、まず痛い思いはしなくてすみます。

特に受験を控えた3年生は、必ず早めに治しておきましょう。そして虫歯・歯肉炎予防をしっかりやって、入試をのりこえましょうね。
posted by: izumishika | 医療 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
食育の大切さ
JUGEMテーマ:健康
 
皆さん、こんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

暑くなったり、寒かったり、体のほうが気温の変化についていけません。皆様、いかがお過ごしですか?毎年行っている赤堀中学の歯科検診も終わり、6月4日の「むし歯の日」も間近になってきました。学校や幼稚園、保育園等で「歯医者さんに行って治療してください」という紙をもらったら、早めに受診しましょう。痛くなる前に歯医者さんへ!これが歯医者嫌いにならない秘訣です(笑)。

さて、先日東京で食育の勉強会に参加してきました。
『歯科医院から発信する食生活指導〜歯科医院は生活習慣病予防の最前線〜』と題した勉強会です。講師はフーズ&ヘルス研究所代表の幕内秀夫先生

 新潮社からこの本を出して爆発的に売れたこと
 でいちやく有名になった方ですが、東京農大卒
 の管理栄養士として、現在は執筆、講演、セミ
 ナーなど日本人の風土と体質にあった、白米中
 心の食事を提唱し、特に学校給食の全校米飯
 化を目指して活躍されています。
 『学校給食と子どもの健康を考える会』
 主催。(リンクしています)

   現在の平均寿命は戦前の方たちの話です。
 戦後著しく欧米化した私たちの食事。脂が
 多く、硬いものが減り、砂糖の摂取量や、乳
 製品の摂取量が増え、白いご飯以外に、パン
 やパスタ、ピザなど主食も多様化しました。

 
主食がご飯でなくなると、どうしてもおかずが洋食になり、和食の体に良いおかずと合わなくなります。これが学校給食のパン化の弊害として、もっとも憂うべき問題点です。たとえば「きんぴらごぼう」や「ひじき」に食パンでは合わない。パンにするとマーガリンなどの脂肪分が増えます。「ちくわ」や「豆腐」よりも、「ハンバーグ」や「ウインナー」の方が合います。「ワカメの酢の物」も合わない。

先生の講演には、目からウロコのビックリ発言が満載でした。HPの中で特別ページを作って、いつでも見ていただけるように、ただ今準備中です。今しばらくお待ち下さい。ただ、特別にこれから暑くなる今、小さなお子さんに限らず、運動部で部活に励むお子さんをお持ちのお母様にも読んでいただきたいことがあります。

「水分補給にスポーツイオン飲料」は常識ではない。
ポカリスエット、アクエリアス等のイオンサプライ飲料。これらを水分補給に飲みなさい、と部活の先生に言われるというお子さんも少なくないでしょう。またお子さんが下痢をしたときに、小児科の先生に「脱水症状にならないように、スポーツドリンクを飲ませて」と言われた方も多いと思います。しかし、はっきり言って、これらは間違いです。

●炭水化物:16.75g ●ナトリウム:122.5mg ●カリウム:50mg ●カルシウム:5mg ●マグネシウム:1.5mg   これらはポカリスエットの成分です。これらの電解質は確かに含まれていますが、砂糖が16.4gも入っていることはあまり知られていません。(250mlの場合)角砂糖が3〜5gですので、真ん中の4gとしても4個も入っていることになります。板チョコ1枚が15~20gですので、板チョコ1枚食べたようなもの。そう考えると、ちょっと怖くなりますね。

250mlというのは細い缶です。普通よく見るのは500mlのペットボトルか、340ml入りの缶、300ml入りのふた付き缶などですね。運動後など、あっという間に飲み干してしまいます。それでいて、意外と水分の吸収率は低いのです。その原因は糖分の多さ。この続きはHPにてお知らせしますので、お待ち下さい!

小さい子のお母さん、ジュースより体にいいという思い込みは危険です。ジュースと同じですから、お水やお茶を基本にしましょう。

ただ、今年のような異常な暑さの中、熱中症対策には水分補給だけでは足りません。塩分を取らないといけないので、少し塩気のあるものを持参するか、スポーツ飲料でと言う方は、カロリーオフのものにしましょう。熱中症にはくれぐれもご用心下さい!

posted by: izumishika | 医療 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
Swedenから
皆さんこんにちは。伊勢崎市のイズミ歯科医院院長、諸泉宏明です。

スウェーデンでの研修から1ヶ月以上の日が過ぎました。
6月6日〜14日、スウェーデンは日中の気温が10度くらい。上着がないと寒いです。
一方日本のこの高温多湿な夏の気候は、対極をなすものですね。私は夏暑いのは、
そんなに嫌いではないので(むしろ日に当たるのが好きなので、夏は好きですね)、
スウェーデンの気候ではたぶん物足りないでしょう。

研修は良かったものの、ホテルがひどくて参りました。
日本のホテルのようにアメニティグッズなど皆無。冷蔵庫もありません。
日本のサービスが当たり前だと思っていると、大きな間違いだとわかります。
そりゃぁ、超高級ホテルならいいんでしょうが、アベレージのホテルだと日本の
方が上でしょう。とにかく参りました。

食事はいろいろなところで食べましたが、いわゆるスウェーデン料理って無かった
ような…。イタリアンを食べていましたね。そして面白いのが、3人で飲みながら
ショートパスタをつまみにしてしばらく喋っていたときの事。店のウェイターが
何度も何度も「お下げしていいですか?」と皿を片付けに来るのです。
どうもスウェーデンには皆で皿をつつきあいながら、つまみにして飲むという習慣
がないんだか、ダラダラと食べているのが理解できないらしく、何度も皿をかたしに
くるのです。そのつど「NO」と言って、出された手をさえぎるということを
繰り返していました(笑)。

ペル・ランべり教授、岡本浩教授と。
上の写真は Per Ramberg (ペル・ランベリ)教授、岡本浩教授と。

ヤン・ヴェンストレム教授、ヤン・リンデ教授より終了証書を受ける
上の写真は修了証書の授与式にて。左 Jan Wennstrom(ヤン・ヴェンストレム)教授、
右 Jan Lindhe(ヤン・リンデ)教授。

歯科業界ではとても高名なリンデ教授の講義を受け、歯科の最先端の地で学べた
事は大きな収穫でした。同じように日々研鑽を積む歯科医師の友人も得られ、
大変実り多き研修となりました。
posted by: izumishika | 医療 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
明日から
皆さんこんにちは。伊勢崎市のイズミ歯科医院院長、諸泉宏明です。

忙しさにかまけて、長らくのご無沙汰でした。大変失礼致しました。
トップページでもお知らせしておりますが、明日6月6日〜14日まで、皆様には
ご迷惑をおかけしますが、スウェーデンに勉強に行ってまいります。フィンランドで
学んだことと、今回のスウェーデン、イエテボリ大学での勉強と合わせて、予防や
歯周病に関して更なる知識・技術の充実を図りたいと思っています。今回の短期
修学は自分自身のモチベーションを更に高める一助にもなると確信しています。

スウェーデンは初めて訪れますが、今頃の気温は15℃くらいだそうです。
やはり日本よりだいぶ涼しいようですね。長袖の洋服は必須です。どんな勉強が
できるか、ワクワクしています。楽しみです。帰ってきましたらなるべく早く
勉強の様子などHPにUPしたいと思いますので、今しばらくお待ちください。
(なんて、未だにフィンランドでの勉強ページもまだできていないのですが)
とにかく少しでも早くページにしたいと思います。

さて、その間にイズミ歯科医院の方は改築工事を行っております。スタッフは
毎日2名電話応対などの為に出勤しておりますので、何かございましたらご遠慮
無くお電話ください。今回の工事では1階に診療室をもう一部屋増やします。
少しでもお待ちいただく時間を短縮するために、そしてよりきめ細かく対応できる
ように、スタッフの増員と診療ユニットの増設で、さらに過ごしやすい、患者様
の立場に立ったイズミ歯科医院を目指しますので、1週間の休診をいただくことを
ご了承ください。

休み明け、15日(月)よりまた皆様にお会いできますことを、楽しみにしております。
常に前進するイズミ歯科医院に、どうぞご期待ください!
posted by: izumishika | 医療 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |-
臓器移植の現実
皆さんこんにちは。伊勢崎市のイズミ歯科医院院長、諸泉宏明です。

イズミ歯科のHPのトップページにも書かれていますが、当医院では東京都
世田谷区の佐野めいちゃんの心臓移植支援をして参りました。(大変微力で
はありましたが)幸いにも彼女は2月9日に渡米し、18日(現地時間)には
ドナーが見つかって、すぐに移植手術を受けることができました。術後の経過
も順調なようで、本当に良かったと思っています。

27日の読売新聞に、国内での小児臓器移植に関する記事が載っていましたが、
ご覧になりましたか?1面と3面に大きく取り上げられていた記事を読むと、
日本でのお寒い状況がよくわかります。国内初の臓器移植手術が行われてから、
今年の2月28日で丸10年。その間に行われた手術は、たったの81例だそうです。

米国では毎年数千例、欧州主要国でも年間数百例あるのに対し、10年間で81例です。
15歳未満の子供の移植手術は法律で認められていない為、目もくらむような
多額の募金(億単位の)を集めて海外での移植に頼るほかありません。
海外からは『移植ツーリズム』と揶揄され、WHO(世界保健機関)はこの5月に
「臓器移植は自国にて行うように」との指導指針を決定する模様です。
すでにオーストラリアやイギリスでは日本人の受け入れを中止しているし、
ドイツも3月で受け入れ中止となる模様。アメリカでは「臓器提供の5%までは
外国人に移植して良い」というルールがあるらしいが、現在20箇所以上ある病院
数が、今後は減ってゆくだろうとのこと。

めいちゃんは今回なんとか移植手術ができましたが、今後はそうもいかなくなる
でしょう。でもそれは考えてみれば、しごく当然のことで、自国民を助けるために
日本政府は、酔っ払って観光名所で遊んで帰ってくる奴らのために6,000万も使う
金があったら、一刻も早く法整備をして、医療や福祉のために使うべきだ!と
思っています。

以前見た映画で『闇の子供たち』という映画があります。
タイの子供たちの臓器売買や人身売買をテーマにした、とても重い映画です。
原作者は韓国の人だったかな。家内は観そびれた!と言って原作を読んでみようか
いろいろ調べたらしいのですが、読んだ人の感想がすご過ぎて(途中で気分が悪く
なって、最後まで読めなかったとか、読み終わってこんな嫌な気持ちになった本
はこれが初めて、とか)躊躇している様子。キャストがすごく豪華なのに、殆ど
人目にふれていない作品です。上映館も期間もとても少なく、興行的には大失敗
ですが、多くの問題を投げかけている映画です。DVDが出たら見てみてください。
今は四国や京都、兵庫などのいくつかの映画館でひっそりと上映されているようです。



命に関わることは、一刻も早くいい方向に進んでいって欲しいですね。
政治家ってなんのためにいるんでしょうね。
posted by: izumishika | 医療 | 06:32 | comments(5) | trackbacks(0) |-