Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
twitter follow
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
にほんブログ村ランキング
ランキングに参加しています。ぜひ1票をポチッと!
にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村
クリックで救える命がある。あなたのクリックで企業が募金
現在の閲覧人数
Recommend
I Dreamed a Dream
I Dreamed a Dream (JUGEMレビュー »)
Susan Boyle
歌詞はいらないという人は、輸入版がお奨め。1000円以上安いです。
Recommend
人に話したくなる百人一首
人に話したくなる百人一首 (JUGEMレビュー »)
あんの 秀子
家内の高校同級生が上梓した本。国語の先生らしく、ためになり、かつ面白い。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
正月の台湾旅行
JUGEMテーマ:旅行

皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

やっと暖かくなってきました。だんだん木々の芽も膨らんでき始めたようです。そんなおり、今日はニュージーランドで大きな地震がありました。M6.3で、南島のステキな観光地、クライストチャーチが壊滅的ダメージを受けました。日本人の学生も多く被災。だいたい、3,000人もの日本人が住んでいるそうですし。日本人に限らず、一人でも多くの人が救助されますように!

さて、今年の正月に私は台湾旅行をして来ました。子ども達は飛行機が大嫌いなので、家内と留守番となり、私の一人旅です。台湾、特に台北は、観光が主な産業のひとつだと思われます。そのせいか、人々はとても旅行者に親切でした。

私がタクシーを拾おうと道端に立ち、旅行ガイドブックを見たり、周りを見たりとキョロキョロしていたら、通りの洋品店の店員さんが私に近づいて、 中国語でなにやら話しかけてきました。どうも私が道に迷ってしまって、困っていると思ったようです。携帯電話を使うか?というようなジェスチャーをしていましたが、何か怪しい人だと困ると思い、「No, no.  No thank you.」と言って、追い払ってしまいました。

タクシーに乗ってから思ったのですが、もっと感謝の気持ちを表すような態度がとれなかったものかと後悔しました。









台湾の歯医者さんもちょっと拝見。「歯」ではなく「牙」という字を使ってますね。キバっていうのは、ちょっと違和感がありますが、中国語では「歯」はどういうときに使うんでしょうかね。同じ漢字を使う日本ですから、一番下の写真の言葉は、なんとなくわかりますね。

さて、その後夜市見物に行って、トイレに行きたくなったのですが、どうにもトイレが見当たりません。ちょうどファミリーマートがあったので入ってみました。しかし日本のそれとは違い、どこにもトイレは見当たりません。店員に「レストルーム?」「トイレット?」などと言ったところ、すぐにレジの脇にあるドアを開けて、トイレを使わせてくれました。優しい店員さんで助かりました。

  
 にぎやかな夜市。
 ツアーでわざわざ行く人が殆ど
 でしたが、私は単独で出かけました。

 そんなに危険な所ではないです。
 しかし、初めて行かれる方は、
 やはりOPツアーなどで行った方が
 安心でしょう。








永康街高記という小籠包の有名店に行ったときのことです。小籠包とビールの注文を済ませ、ビールを半分くらい飲んだところで、自分が頼んだのが、小籠包でなくて、チャーシュー肉まんだったことに気付き、フロアマネージャーらしき人物にチェンジできないか、と申し出たところ、すでに注文してからずいぶん時間が経っていたにも関わらず、注文をチェンジしてくれました。こんなところにも台湾の人々の優しさを感ぜずにはいられませんでした。

                                                                      
 また、一緒のツアーの客の人が、
 九份という観光地で迷子になって
 しまった時も、土産物屋の人が、ツアー
 ガイドに電話をかけてうまく連絡が付き、
 集合時間30分遅れで会うことができま
 した。台湾の人々は、本当に親切な人が
 多いと思いました。
 
 (左はその九份の街並みです)

 このあと、いくつか見てきた写真を
 ご紹介しましょう。




 台中にある寶覚寺
 
(パオチェスー)の本堂の
 横にある高さ30mの
 巨大な布袋様。
 
 寺は1927年に開かれた。
 日本人の墓も多くある。

                                                                      

 日月潭の高台にある、
 文武廟(ウェンウーミャオ)。
 
 文の神・孔子と、武の神・関帝
 が祀られている。
 偉い人が神様になってしまう
 のは、日本の神道の感覚と
 どこか似ている。

 
 文武廟の中に入ると、こんな
 素晴らしい天井に驚く。
 天女のような像がたくさん。
 こういう細工はすごい。  








 
 花蓮(かれん)のアミ族の踊り。
 台湾の原住民、オーストラリア
 で言えばアボリジニである。
 
 アミ族は母系社会を作り、
 一番偉いのは長女。
 財産などもすべて長女が
 受け継ぎ、姓も女性の方の
 姓を受け継いでいく。 



 
 衛兵交代は1時間ごと。
 衛兵の周りを、観光客が
 取り囲む。
 この人たちは、真剣そのもの。








 
 よくあることだが、独特な
 歩き方。
 なんでこういう風に歩くのか。









 
 若い衛兵たち。名誉ある仕事。


 観光客のみなさん、
 ありがとさん。

 
 中でもこの担当が一番の栄誉ある
 仕事らしい。
 まったく動いてはいけない。
 
 クシャミも我慢しなければ。
 
 トイレはどうするんだろう。

 思わず近寄って、こちょこちょ
 したくなる。







この台湾旅行を終えて、私は点心の中で一番好きなのは、実は小籠包ではなく、シューマイであったということに気付きました。


    ★ ★ 終わり ★ ★

posted by: izumishika | ぶらり旅 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ひめゆりの塔と沖縄(2)
JUGEMテーマ:旅行
 
皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

相変わらず毎日残暑が厳しいですね。雨が降らないのも困りものです。農作物にも深刻な影響が出ているようです。さて前回の続きです。

沖縄平和祈念堂
 「沖縄平和祈念堂」

 灯台のように見えるこの建物。
 反対側からだと違って見えますよ。

 公式HP(クリックどうぞ!)










沖縄平和祈念堂 こんな感じです。まったく趣き
 が違って見えます。

 平和を「祈念」する堂です。
 「記念」ではありません。
 祈りのお堂なのです。

 中には仏像のような
 「沖縄平和祈念像」
 あり、(仏ではないそうだ)
 宗教、人種を超えて平和を
 祈っているのだという。

沖縄戦で子どもを2人亡くした山田真山氏(東京芸大卒。明治18年生まれ)が、18年間の歳月をかけて、その像の原型を制作。その間に2度も転落事故に遭いながら、90歳にして完成させたという執念の像だそうです。(祈念堂のHPから像をご覧になれます)

その2年後の昭和52年、山田氏は92歳でこの世を去っています。この祈念堂が完成したのは、さらにその翌年、昭和53年だそうです。

海を臨む こんな見晴らしがいい所に
 ありますよ。
 戦争がなければ、こんなに
 素晴らしい沖縄。

 当時の悲惨な状況を思うと、
 空や海の青さが変わらずに
 時を刻んでいることが、
 不思議にすら思えてきます。




沖縄平和祈念資料館
 「県立沖縄平和祈念資料館」

 戦時中の写真などがあります。









鍾乳洞 
 「玉泉洞(ぎょくせんどう)」

 総延長4.5kmで、国内第7位。
 観光用に公開されているのは、
 そのうち約890m。

 秘密要塞のような鍾乳洞です。
 ひんやり涼しい。




モノレールの駅にて 

 以前訪れたときには無かった
 モノレール。大変便利です。
 クリーンですしね。
 首里城の方へも行けます。




 


 青い沖縄の海!青い青い沖縄の海。
 この美しい空と海は宝です。
 米軍基地や自然破壊で、
 失ってはいけない、大事な
 宝です。

 そして戦争なんて、2度と
 起こしてはいけない。
 同じ過ちを繰り返しては
 いけない!




おいしいものを食べ、天気にも恵まれ、青い海と空を満喫し、そして悲しいつらい戦争のことも考えることができ、大変充実した旅となりました。大学歯学部時代の同級生との2人旅でしたが、旧交を深め合い、また次回どこに旅するか話し合いながら、沖縄をあとにしました。

お土産はちんすこうや、大人気の「紅いもタルト」。「じーまみ豆腐」と「そーきそば」&「らふてー」。あとこれがすごく良かった!「キーツマンゴー」です。すごく大きくて、送ってもらいましたが、食べ応えありました。贈答用には2つで2kgのを買いましたが、自宅用には3つで2kgのものを。でも大きいでしょう?

追熟するまで常温でずいぶん待ちましたが(2週間くらい?)、甘くて濃厚でめちゃうまでした。また食べたいものです。そしてまた訪れたい沖縄でした。


posted by: izumishika | ぶらり旅 | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ひめゆりの塔と沖縄(1)
JUGEMテーマ:旅行

皆さん、こんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。
最近夕立が少ないですね。水がめは大丈夫なんでしょうか。少しだけ夕立がくると、庭木にもありがたいのですが、このごろいまいち夕立がきません。急に降られてびしょぬれにならずにはすみますが…。

さて、この夏は私にとって戦争を考える旅が重なりました。これまで福山&広島の旅で、「原爆ドーム」「旧海軍兵学校」などを見学してきた私ですが(もちろん福山市の吉岡歯科医院での見学と勉強も兼ねていますが)、お盆の連休中には、沖縄に行くことになり、家族旅行のときに立ち寄れなかった「ひめゆりの塔」を初めて訪れることになりました。

沖縄は末っ子の娘が1歳頃のときに行ったきりですから、10年以上経っています。そのときはレンタカーを借りて、ナビを頼りにあちこち出かけたものの、「ひめゆりの塔」に行かず、家内から大ブーイングを受けました。今回は私一人の旅なので、家内はまだ行けずにいますが、まず私が一足先に訪問しました。
 
ソーキソバ

まずは大好きな「ソーキソバ」で腹ごしらえ。ではこれより「海軍司令部壕」に行きます。

海軍司令部壕内部 
 旧海軍幕僚が、手榴弾
 で自決した跡です。
 壁にはその破片の跡が
 当時のまま残されて
 います。







壕内の司令室 指令部のあった場所で
 しょうか。
 壁に「滅覆米醜」
 と書かれています。
 当時ですから、右から
 左へ読むのでしょうか。

 醜いアメリカ兵どもを
 滅ぼしてやる!と
 いった意味合いで
 しょうか。


小さめの写真はクリックすると大きくなりますのでご覧下さい。

この地下壕で海軍の人たちは本土へ通信したり、作戦を立てたりして、厳しい戦況の中、自決するその瞬間まで、勝てないとわかっていても国の命令で戦っていたのです。戦争とは悲しい限りです。

ひめゆりの塔 「ひめゆりの塔」
 ひめゆりの塔にやって
 きました。
 「ひめゆり学徒隊」と 
 呼ばれる、沖縄師範学校
 女子部と、県立第一高女
 からの222名の女子生徒、
 および教師18名のうち、
 136名が戦場で命を
 落としました。



梯梧の塔 「梯梧(デイゴ)の塔」
 私立昭和高女の女子生徒
 80名と教職員からなる
 梯梧看護隊は、不眠不休で
 負傷兵の看護にあたって
 いましたが、戦況はますます
 悪化し、57名と教師3名の、
 計60名が戦死。
 ここに合祀されています。 

ひめゆり平和記念資料館  ←こちらをクリックしていただくと、リンクしております。ほんとに若い、かわいらしいお嬢さんたちが、青春を謳歌することなく、戦場に散っていきました。今回来て、自分の目で見て、感じて、本当に良かったと思います。

この旅の続きはまた次回です。大変素晴らしい旅となり、感謝です!



posted by: izumishika | ぶらり旅 | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
福山&広島の旅(2)
JUGEMテーマ:旅行
 
皆様こんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。
こう毎日暑いと、体が参りますね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
夏休みはどうでしたか?もう小中学校は新学期がスタートしましたね。高校はまだのところもありますが、宿題は済んでいますでしょうか。

イズミ歯科でも長い夏休みをいただき、リフレッシュして皆また仕事にはりきっております。ありがとうございました。また、22・23日を使って、私は韓国ソウルにある、Ye歯科医院へ見学&勉強会に行ってまいりました。23日は臨時休診をいただき、ありがとうございました。またこちらの記事は、あとで書きますのでお待ち下さい。

では、今回は広島です。高校の修学旅行で広島原爆ドームなど訪れていた私ですが、あの頃は若気の至りであまり興味も無く、きちんと見学してきませんでした。今回はきちんと向き合ってこようと、しっかりと見学してきました。やはり日本人たるもの、一度は行かなければならない場所だと思っていましたので。

原爆ドーム前にて 「原爆ドーム」前にて。
 
 1945年8月6日、アメリカが落とした
 たった一発の原子爆弾によって、
 14万人以上の人命が、
 一瞬のうちに消えた広島。

 1996年、世界遺産として登録。
 英名は"Hiroshima Peace
  Memorial" (Genbaku Dome)

このドームはずっとずっと、地球上の「負の遺産」として、残していかねばなりません。

原爆の子の像 「原爆の子の像」
 折鶴を持つ佐々木禎子さんは、
 2歳で「黒い雨」により被爆。
 10年後に白血病になり、
 闘病8ヶ月の後に、12歳という
 若さで亡くなった。
 入院中に薬の紙などで1000羽鶴
 を折っていたので、この像ができた。
 後に同級生たちの募金活動に
 より、1958年5月5日にこの像
 が完成した。


平和記念公園慰霊碑 広島平和記念公園にある、
 「原爆死没者慰霊碑」の前で。
 1952年に建ったが、当初は
 コンクリート製。
 その後老朽化したので、
 1985年に御影石製に改築。
 中央の石室の中には、死没者
 全ての氏名を記帳した名簿が
 納められている。


今年は平和記念式典に、とうとうアメリカからも出席がありましたが、もちろんオバマさんではありませんでした。おまけに、そのたった3日後の、長崎の式典には姿を現しませんでしたね。とても残念なことでした。
それでも17カ国が初参加し、全部で74カ国が集ったことは、素晴らしいことでしたね。英・米・仏・露って初参加だったんですね。それぞれ自国内では批判があったでしょうから、だんだん元軍人だった方たちがご高齢になってきて、やっと出席できるようになってきたということでしょうか。

市内の路面電車 
 昔は浅草にも走っていたなぁ。
 こんなにおしゃれではなかったけど。
 ベージュ色だったと思います。
 今のはかっこいい路面電車です。






ここで、1つご紹介し忘れた場所がありました。今思い出しました。それは、広島の前日、福山から行った、江田島の「旧海軍兵学校」です。今は海上自衛隊の幹部候補生の学校のようですが、見学できるようになっています。自分の旅行プランでは、まったく考えもしない(知りもしない)ところだったので、案内をして観光に付き合ってくれた吉岡先生には感謝、感謝です。

旧海軍兵学校 「旧海軍兵学校」です。
 案内係のおじさんが(わたしもおじさん
 ですが、もっと年配の方)、ちょっと
 右翼っぽい感じで、怖かったですね。
 未だに軍人っぽい感じの言動でした。






旧海軍兵学校
 戦艦大和の弾らしいです。
 戦争は絶対に二度とあっては
 なりません!



 楽しい旅をして、最高の思い出が
 できました!

 


posted by: izumishika | ぶらり旅 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
携帯でもどうぞ!&福山・広島の旅(1)
JUGEMテーマ:旅行
   
皆様こんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

この殺人的暑さの今年の夏、いかがお過ごしでしょうか?今年はやけにカエルが多いです。
雨が多くてあまりに暑いからでしょうか。

さて、このブログは携帯でもご覧になれるということ、ご存知でしたでしょうか。
実は私もよくわかっていませんでした。デザインも決めて、シンプルな感じにしてみましたので、あまりパソコンを開かない方は、このHPから携帯に登録してご覧下さい。写真も見られます。

ブログ自体はパソコン用に作っていますので、携帯で見ると少し形が崩れてしまいますが、ご容赦下さい。QRコードは下です。携帯のカメラで読み込んで頂ければ、すぐにサイトにつながります。

         

イズミ歯科は8月12日(木)〜17日(火)夏休みとさせて頂いております。スタッフ一同、それぞれリフレッシュしてまいります。休み明けは19日(木)も診療日となります。通常時間の診療です。皆が元気に仕事に戻れますように。


さて、5月の連休に福山&広島に旅してきました。福山にはスウェーデンでの勉強でご一緒した、吉岡先生がいらっしゃいます。連絡を取り、お付き合いいただきました。とても楽しい旅になりました。8月は原爆、敗戦と、第二次世界大戦を思い出し、語り継ぐ月間です。8月だけではいけないのですが、8月だけでも心にとめ、人類が反省するのは大事なことですね。

では福山と広島の旅をご案内します。まずは福山市です。

福山市鞆(とも)の浦の対潮楼より瀬戸内海を臨む
  鞆(とも)の浦です。
  ここは最近ジブリの映画
  「崖の上のポニョ」
  で有名になった所です。
  「対潮楼」というところは
  拝観料がかかりますが、ここ
  に行ったら皆さん立ち寄りますね。



今も空前の坂本竜馬ブーム  
  言わずと知れた坂本龍馬。
  この時代に写真に収まって
  いるのはすごいこと。







なにやらお祭り  まるで竜宮の乙姫さまみたい。
  5月だけやっていたようで、
  1632(寛永9)年に考案
  された、「鯛網」という漁法。
  観光のためにやっています。
  これを見るためには、観光船
  「平成いろは丸」に乗って
  仙酔島に渡ります。



You Tubeに動画がありましたので貼っておきます。こんな感じです。こちらのブログにめちゃめちゃ詳しく書いてあるので、こちらも合わせてどうぞ。(それにしても、世の中にはこんなにマメにブログを作っている、観光大使のような人がいるんですね)

鯛網漁  
  観光客はたくさんいました。
  お天気も良くなによりでした。
  この観光用のイベントも、
  漁師さんが皆高齢で、存続が
  危ぶまれているとか…。
  残して欲しいですね。




福山市の吉岡歯科にも訪問しました。今回、さまざまな旅の提案をしてくれた、お世話になっている先生の医院です。いや〜、素晴らしい医院ですね。シックで高級感あふれるインテリアがステキです。

福山の吉岡歯科待合室  

  ホテルのロビーのようですね。
  シックな色合いと、シンプルな
  デザイン。照明やグリーンが
  お洒落です。





福山の吉岡歯科診療室  

  落ち着きますね〜〜。ww。
  いや〜、いいですね。

  さあ、この後は福山城に行って、
  すごいカテドラルも…

 

  
福山城
  福山城です。


    
  

 



すごい教会と思いきや…   
  このゴシック建築の教会。
  町の景観にそぐわないが、
  歴史があるのだろうか…

  と思ったら、なんと!
  結婚式場でした。
  日本はこのように、町並みに
  統一性が無い(笑)

まずは福山市の旅までにしておきます。次回は広島、原爆の旅です。 

posted by: izumishika | ぶらり旅 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-
川越に行ってみました
皆さんこんにちは。伊勢崎市のイズミ歯科医院院長、諸泉宏明です。

2月11日の祝日(水)に、家内と川越に行ってみました。子供たちはそれぞれ
友達と遊ぶなどと言ってついて来ないので、子供には留守番をしていてもらい、早め
に出かけて早めに帰ってくることにしました。

小江戸川越の町並み

よくテレビでみる「小江戸」の風情が良かったですね。でもあのメイン通りって、
車がバンバン通るんですね。すごい人出でビックリしました。日光江戸村のような
作り物ではない、昔からある建物がすごくいい感じ。りそな銀行なども国の登録有形
文化財だそうで、明治11年(1878)設立、大正7年(1918)改築の、西洋建築で趣が
あります。有名な『時の鐘』は川越のシンボルで、400年前からあり、現在のものは
すでに4代目と言われています。櫓(やぐら)の高さは奈良の大仏と同じそうですが、
家に帰ってから資料を読んで知ったので、目の前で見たときは何も考えずに失敗しました。

本川越駅の北側に伸びる県道の一部が「蔵造りの町並み」として保存されていて、
その途中から西に折れると、ご存知菓子屋横丁(駄菓子などの古い店)があります。

川越『等『陶舗やまわ』の和食器

『陶舗やまわ』という和食器の店が良かったです。いろんな作家の物を置いていて、
陶芸教室もやっているようです。家内が和食器好きなので、自分が欲しい物と2点
買ってきました。右側の小さい方が私の欲しかった方。まだ使っていませんが、
そのうちなにかで使ってもらいたい。左の皿は新座市の女性陶芸家の作。和紙染めという
技法だそうで、温かみがあります。

そうそう、時の鐘のすぐ前にあるすし屋で昼食をとりましたが、ひどい。
完全に一見さん相手。お勧めしません。


●つけたし●
1月24日に書いた「グルメレポ---Vol.4」が下書きのままで非公開になっていました。
今日UPしたので、日付を見て「ん?」と思われた方がいるかもしれません。
うっかりしてました(笑)

posted by: izumishika | ぶらり旅 | 10:01 | comments(5) | trackbacks(0) |-
お伊勢さん参り
皆さんこんにちは。伊勢崎市のイズミ歯科医院院長、諸泉宏明です。

去る1月11日〜12日の連休で、伊勢神宮の方へ個人参加で旅行に行ってきました。
日本海側はひどい雪に見舞われていましたが、伊勢方面は天気も良く、楽しんで
きました。伊勢神宮は内宮(ないくう)と外宮(げくう)に分かれていて、この
両者が車で移動するほど離れていることも、今回初めて知りました。
いわゆる「おかげ横丁」と呼ばれるにぎやかなお土産やさん通りがあるのは内宮
の方で、入り口からかなり歩きます。赤福などもこの場所にあります。

内宮は皇大神宮(こうたいじんぐう)と言って、天照大神を祀っています。
外宮は豊受神宮(とようけじんぐう)と言って、豊受大御神を祀っています。

帰る日にフェリーに乗ったのですが、海がおお時化(しけ)で、船が傾くほど
でした。甲板にいると波しぶきがかかるほどの揺れでしたが、なんとか転覆せず
に到着。船酔いしている人は見かけませんでしたが、冷や冷やでした。
翌日新聞を見ると、和歌山沖でタグボートが転覆したとの記事!やっぱり海は
荒れていたんですね。無事で良かったです。そのフェリーでもずっと話をしていた
相手が、その後同じ中学・高校の4年先輩であったことが判明し、この偶然に
お互いビックリしました。茅ヶ崎の大きな病院の内科部長さんです。名刺交換を
して、友好を深めました。(帰りの電車の中でも酒を酌み交わしました)

旅はこのような偶然の出会いをプレゼントしてくれたりします。神道信者では
ありませんが、「正月」=「神社」というイメージで参加した今回の旅。
いろいろと得るもの多く、楽しい旅でした。お土産に買っていった赤福と長餅は
あっという間に家族の胃袋に納まりました。私はこの旅でさらに増量してしまった
ので、また地道に減量に励みます。反省、反省。
posted by: izumishika | ぶらり旅 | 11:59 | comments(4) | trackbacks(0) |-