Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
twitter follow
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。ポチッとお願いします。
にほんブログ村ランキング
ランキングに参加しています。ぜひ1票をポチッと!
にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村
クリックで救える命がある。あなたのクリックで企業が募金
現在の閲覧人数
Recommend
I Dreamed a Dream
I Dreamed a Dream (JUGEMレビュー »)
Susan Boyle
歌詞はいらないという人は、輸入版がお奨め。1000円以上安いです。
Recommend
人に話したくなる百人一首
人に話したくなる百人一首 (JUGEMレビュー »)
あんの 秀子
家内の高校同級生が上梓した本。国語の先生らしく、ためになり、かつ面白い。
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
勉強会
JUGEMテーマ:健康
 
皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

群馬は梅雨入りはまだだと思いますが、雨が続いていますね。
先週の日曜日は東京の田町というところで、そして明日の日曜日は、東京の信濃町というところで、勉強会に参加しております。

勉強会はかなり頻繁に参加しているのですが、一向にレポートが書けず、HPやブログにUPできません。時間を作って記事にしたいのですが…。医療は常に前進していますから、常に頑張って勉強をし続けないと、現状維持すらできなくなります。頑張らねば。また頑張って記事にしますので、お待ちください。

父の日フェアのプレゼントは決まりました。ちょっとしたものですが、喜んでいただけたら嬉しいなぁ。父の日は6月の第3週。みなさん、お母さんだけでなく、お父さんのことも忘れないでくださいよー!!(笑)
posted by: izumishika | 歯科勉強会・研究会 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
CHP型歯科とは〜佐藤歯科医院見学
JUGEMテーマ:健康
 
皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

だいぶ風がさわやかになってきました。日差しが強くても、明らかに空気が違いますね。秋です。きりっとしていますね。
さて、前回の沖縄の旅、いかがでしたか?日程的に少し余裕をもっていたので、今回の旅の締めくくりは、勉強会に参加しているCHP(Clinical Health Promotion)の関東支部の講師でもある、横浜市鶴見区の佐藤信二先生の医院に見学に伺った。

佐藤歯科入り口 これが歯医者?と思うほど
 のお洒落な雰囲気。

 実際佐藤先生はいかした
 ドクターだ。自らを
 「佐藤歯科医院劇場
 演出・脚本家」
と称して
 ドラマチックな歯科医院を
 目指していらっしゃる。




welcomeボード なんと!こんなウェルカムボードが
 お出迎えしてくれた。
 ちょっと気恥ずかしいが、嬉しい心遣い
 です。

 初診カウンセリングを拝見したかったの
 ですが、残念ながら、私が帰った後に
 初診の患者さんがいらしたそうで、
 残念でした。

 初診カウンセリングでいろいろなお話を患者
 さんからいただき、治療を通してさらにコミュ
 ニケーションを深め、医師&スタッフと患者さ
 んとの位置関係をなるべくフラットにし、同じ
 高さの目線で、共にお口の健康を追求して
 行く。

これが理想ですね。イズミ歯科医院は現在どうでしょうか。イズミ歯科からの一方的な治療だけでは、皆様の健康を維持していくことは難しいのです。

共に学び、共に健康を追求していく。
単なる対症療法的な医療の時代は終わりを告げています。2人3脚でヘルス・プロモーション頑張りましょう!

佐藤歯科医院の見学を終えて、イズミ歯科医院の治療の流れ、目指す位置が間違っていないことを確認できました。佐藤先生には感謝申し上げます。伊勢崎市香林町を中心に、イズミ歯科医院がCHPの理念に基づいて、皆様の健康と笑顔を支える、2人3脚の脚になって行きたいと、決意を新たに帰路に着きました。


posted by: izumishika | 歯科勉強会・研究会 | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スカイプでのCHP研究
JUGEMテーマ:健康
 
皆さんこんにちは。伊勢崎市の歯医者、イズミ歯科医院院長の諸泉宏明です。

昨夜は伊勢崎市歯科医師会の「二水会」という、第2水曜に集まりのある若手グループの会合がありました。私は一次会で早々に切り上げて帰宅。それはなぜかと言いますと、自宅のパソコンにて、前回お話したCHP研究会東京フォローアップコースのお仲間ドクターたちと、同時ミーティングをするためです。

パソコンに詳しい方ならスカイプはご存知かと思いますが、私は初めて聞く言葉でした。幸い家内がすでにスカイプに登録して使ったりしていましたので、マイクとイヤホンのセットもあり、自分のアカウント(とかいうもの)を作ってもらって、すぐ用意が整いました。この夜は2回目のスカイプ座談会です。同時に7人が一緒に会話を楽しみました。

始めのほうでは回線が混雑していたのか、私ともう2人の先生の声が皆さんに伝わらず、何度かかけ直したりして、どうにかうまくいきましたが、お1人だけ残念ながら声が最後まで聞こえませんでした。次回はうまくいきますように。

スカイプ登録は無料ですし、スカイプ利用者同士の会話は、国内外何時間でも無料です。カメラをつければ顔を見ながら話せますが、そうするとシャツとパンツで一杯やりながらというわけにはいきませんので、やはり気楽に素のままで話すには、カメラが無いほうがいいですね。単身赴任のご主人、お父さんとの会話などでは、カメラがあるといいと思いますが。(あとは恋人同士とか)

第1回目のときは30分の予定が1時間30分に白熱!昨夜は1時間ほどでしたでしょうか。お互いがいろいろな病院内の問題点、スタッフとのやり取り、患者様への接し方などの良い点、問題点などを話し合うことは、自分だけでは気づかないいろいろなことを知る良いチャンスとなります。大変意義深いです。それぞれの医院を見学しようという案も、これから実行されるでしょう。

歯科医師として、自分が院長として医院を切り盛りしていると、井の中の蛙(かわず)になる恐れがあります。自分以外のいろいろな医院を知ることで、自分には足りなかったことがわかりますし、自分の良かった部分もわかってきます。これは大変良いことです。そして自分よりだいぶ若い諸先生方のやる気満々な情熱に触れることも、自分には大変良い刺激になります。

一番いけないのはマンネリ化すること。現状にあぐらをかくこと。あきらめること。
スタッフの意見も良いものはどんどん取り入れ、常にリフレッシュと前進。そして良い部分は変えずに継承し、守ってていく。私も50才に手が届きそうですが、まだまだこれからやることはたくさんあります。皆様と一緒に育ってゆくイズミ歯科医院に、どうぞご期待下さい!
posted by: izumishika | 歯科勉強会・研究会 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
CHPの勉強会
JUGEMテーマ:健康
 
皆さんこんにちは。伊勢崎市のイズミ歯科医院院長、諸泉宏明です。

今日ははっきりしない天気です。だいぶ暖かくなってはきましたが、天気が悪いとまだまだ寒いですね。さて、今日は久々の歯科の話。(いいのかな、こんなブログで…。殆ど仕事から離れたことばかり書いていますが)

先日神奈川県の鶴見市に、CHP研究会の勉強会に参加しに行ってきました。これはどんな勉強会かというと、Clinical Health Promotion (病院における健康促進)を勉強する会なんです。もっと噛み砕いて説明しますと、昔のような医者と患者という関係ではダメだということです。

今までの関係は 医者>患者 というような力関係の構図がありました。(だいぶ昔のことですが)今ではTVや雑誌、新聞などのメディアにより、歯科のいろいろな情報も、たやすく手に入れることができるようになりました。つい先日も「たけしのほんとは怖い家庭の医学」で、口の中の唾液の量や質により、全身疾患と結びつく恐怖が放映されていましたね。幼稚園や学校でも、口の中の勉強を子供と一緒にする機会が増えていますし、公民館などでも講座が開かれたりしていますね。

そして、歯磨きに始まるお口の中の健康管理は、たまに歯医者にきて済むことではなく、毎日の患者さまご本人の健康意識が大変重要になってくるのです。もちろんクリーニングを定期的に行うことは大変重要ですが、その次のクリーニングまでの間、患者さまがどのようなお口の衛生管理をしていたかが、とっても重要なわけです。そこで…

私たち歯科医師・歯科衛生士と、患者さまとが、がっちりとスクラムを組んで、歯周病やむし歯と闘うことが不可欠となってくるのです。私たち歯科医院の技術や知識と、患者さまの健康推進意識や毎日の実践とが車の両輪となって、「健康と幸せな人生」というゴールにたどり着けるのです。

私たちは皆様の健康のお手伝いをすることはできますが、ゼロから作っていくことはできません。毎日の歯磨きや、食生活など、ご自身が高い意識を持って、自分の健康を作り上げていく事が必要なのです。そのためのお手伝いに、イズミ歯科は労を惜しみません。そのためには私たちスタッフが生き生きとし、心から皆様をもてなせるような、居心地の良い歯医者でなくてはなりません。

「あ〜あ、歯医者行くのいやだなぁ」と皆さんは思っていらっしゃいませんか?「痛くなってから」来院されると、治療が痛かったり長引いたりして、不快な思いをされるでしょう。でも待ってください。「痛くなる前」に来院されていたらどうでしょうか。治療期間も治療費用も少なくて済みますし、まず痛い思いをすることは無くなります。この発想の転換一つで、歯医者がまるでサロンのように、くつろぎの場に変身するのです。 お口のクリーニングに定期的にいらっしゃる患者様のお話を伺うと、「気持ちよくて、ついうとうとしてしまった」というようなお返事も数多く聞きます。

1人でも多くの方に気づいて頂きたい。毎日歯や歯茎、舌、つまりお口の中に少し気持ちを向けてください。TVを見ながら爪楊枝代わりに歯間ブラシ、たまには舌にも舌ブラシ。毎日のブラッシングは磨きにくいところから始めて2分間。最後にお口のリンスもしましょう。そしてイズミ歯科で定期的にお口のチェック。これであなたの健康は守られていきます。一緒に頑張りましょう!
posted by: izumishika | 歯科勉強会・研究会 | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) |-